僕の彼女は股(陰部)の黒ずみを気にしているらしい・・・

 

初めまして、僕は大阪に住む27歳の会社員です。実は僕には付き合って3ヶ月になる彼女がいるのですが、まだHはしていません。

 

と、言うよりはそんな感じのムードになっても彼女に断られてしまうのです。初めは、『付き合ってまだ時間も経っていないから、早すぎる!』と言うことで断られていたのだと思っていたのですが、3ヶ月経った今になって色々話ししていると、どうやらある理由で断られていたみたいなのです。

 

その理由とはどうやら体の一部(股や陰部)が黒ずんでいるというコンプレックスがあり、そのコンプレックスをHの時に見られることで僕に嫌われないか不安だったから断られていたようなのです。

 

と言うのも、今までは他の人と比較する機会がなかったのですが、以前に付き合っていた彼氏にその事を指摘されてからそれ以来、その事がコンプレックスになっているようなのです。

 

本当にこんなにデリカシーのない男もいるんですね!!僕はその男に対して嫌悪感を抱いたと共に、傷ついた彼女が可哀想で何とかしてあげたくなりました。そこで、実際に股(陰部)の黒ずみに関して僕なりに色々調べてみました。

 

もしかしたら、僕の彼女と同じように股(陰部)の黒ずみに悩んでいる女性もいるかと思います。その方も、僕が調べた内容を見てもらうと決して悲観的に考える必要がないと言う事を理解してもらえると思いますので是非参考にして見てください。

 

男の本音は彼女の股(陰部)の黒ずみは気になるのか?

僕も彼女が悩んでいることを聞いてから、ネットで調べてみて初めて知ったのですが、女性の股(いわゆる陰部)の黒ずみに悩んでいる女性が意外と多いらしいのです。

 

でも、僕もそうなのですが、女性が気にしている程に男性は股の黒ずみをあまり気にしていないのではないだろうかと感じたのです。そこで、実際に男性が女性の股の黒ずみに関して行われたアンケートをもとに男性の本音を紹介したいと思います。

 

実施されたアンケートはインターネットで全国の10代~30代の男性100名に対して行われたもので、内容は女性の股(陰部)の黒ずみに関するものです。それでは女性の股の黒ずみに関する男性の本音を一つ一つ見ていきましょう。

 

股の黒ずみが原因で彼女と別れたことがあるか?

彼女に対して直接理由を言って別れたわけではないとは思うのですが、彼女が一番知りたい部分はおそらくこの部分だと思いますが実際にどうなのでしょうか?

 

 

100人を対象にアンケートを取った結果、ほとんどの人は彼女の股の黒ずみが原因で別れたことはないようです。ただ、個人的には別れたことがある人はゼロに近い数字だと思っていたので少しビックリしました。

 

ま~、彼女の股の黒ずみの程度にはよるとは思うのですが、『別れたことがある人』と『別れた理由の内の1つ』を合わせると12%の人が彼女の股の黒ずみを気にしているといえます。

 

10人に1人が気にしているというのは多いのか少ないのか?妥当な数字と言えば妥当な数字のような気もします。アンケートの結果からも分かるように大多数がほとんど女性の股の黒ずみは気にしていないというわけです。

 

初めての彼女とのHの時に股が黒ずんでいたら冷める?

初めてのHはお互いの今まで知らなかった部分(心も体も)を知ることが出来る行為の一つです。そして初Hの時に彼女の股が真っ黒だった場合、男性はその彼女に冷めてしまうのでしょうか?

 

ここで重要なのは『真っ黒』だという部分です。黒ずみを気にしている女性の大半は黒ずんではいるものの真っ黒とまでは言えないレベルだと思います。僕の場合であれば例え真っ黒でも冷めないと言い切れます!

結果としては100人中20人の人が『冷めてしまう』と答えました。ただし、これはあくまでも股が“真っ黒”の場合についてです。なので少し黒ずんでいる程度であればあまりほとんど問題ないといってもいいのではないでしょうか?

 

アンケートの中には黒ずんでいた方が逆にもっと好きになるという意見もあったみたいなので、黒ずんでいるからダメというわけではないといえますね。

 

ズバリどれぐらいの色だったら黒ずんでいると思う?

自分の股は黒ずんでいると思っても、女性同士で自分以外の股をじっくりと見る機会なんてないので、もしかしたら他の人と比べると黒ずんでいるとは言えないかもしれませんよね?では、実際に男性はどれぐらいの色であれば『黒ずんでいる!』と思うのでしょうか。

 

 

色の感覚には個人差があるのですが15番よりも色が黒ずんでいた場合には男性は“黒ずんでいる”と感じてしまうようです。因みに逆にどんな色が一番理想かという質問に関しては4番ぐらいの色が多くの男性は理想のようです。

 

実際に僕も黒ずみに関して気にはしないですが、4番ぐらいは確かに理想出来な色だなと感じます。

 

股が黒ずんでいると舐めるのは嫌?

Hにはいろいろな行為があると思いますが、彼女の股が黒ずんでいた場合に男性は黒ずんでいると舐めるのは嫌なのでしょうか?ぼく個人的にはやはり黒ずんでいても全然気にしないのですが・・・。

 

 

アンケートの結果として『舐めたくない』という人は100人中たったの2人だけです。そもそも、もともと舐めたくないという男性も結構いるみたいで、実際に黒ずんでいることが原因で舐めたくないと思うような男性はほとんどいないという事ですね。

 

中には『逆に良い』と感じる男性もいるみたいなので、舐めてほしいけど黒ずんでいるからなかなか彼氏に言い出せないという人はあまり気にしなくても良いかもしれませんね。

〇黒ずみケアアイテムを試したほうが良いと思う?

最後に、もし彼女の股が黒ずんでいる場合に黒ずみケアアイテムを試してほしいかどうかのアンケートの結果に対しての男の本音を紹介します。

男性の本音としては黒ずみケアアイテムを試してほしいという人が大半のようです。ただし、その試してほしい理由というのが黒ずんでいるのが嫌というわけではなくて、『彼女が自分の黒ずみをきにしているなら黒ずみケアアイテムを試したらいい』という意見が圧倒的に多かったようです。

 

黒ずみケア人気No1クリームはコチラ

 

この男性の意見には僕も賛成で、彼女が自分の股の黒ずみをコンプレックスとして感じるのであれば黒ずみケアアイテムを試してみてもいいのではないかなと思いした。ただ、黒ずみケアアイテムを使わなくても黒ずみの悪化を防ぐ方法や黒ずみを改善する方法もあるのでないでしょうか。

 

そもそも黒ずみの原因っていったい何なのでしょうか?詳しく調べてみました。

 

そもそも股の黒ずみ原因ってなに?

股の黒ずみに関するアンケートを見ていると黒ずんでいる人もいれば綺麗なピンク色の人もいるみたいなのですが、一体何が原因で黒ずむのかを調べてみました。

 

そして、調べて分かった陰部の黒ずみの原因は下着の“摩擦”や“刺激”が原因らしいのです。妊娠・出産・加齢意外の黒ずみの原因のほとんどはムダ毛を処理する時の刺激や衣類の摩擦により皮膚の防衛反応からメラニン色素が過剰に分泌されることで色素沈着により陰部が黒ずんで見えるてしまいます。

 

特に、陰部というのは目のまぶたよりも皮膚が薄くダメージを受けやすい部分なのでほかの場所に比べて黒ずみやすい部分のようです。

 

詳しくはこちら

 

股の黒ずみは良くすることが出来るの?

僕も気になっていたことではあるのですが陰部の黒ずみは良くすることが出来るのか?それとも黒ずんだままどうすることも出来ないのか?と言う事ですが、原因が摩擦や刺激であるという事からも黒ずみを良くすることは出来るようです。

 

具体的にはデリケートゾーンの黒ずみが気になって洗いすぎている女性が多いようなのですが、実は洗い過ぎは逆効果なようで、適切な洗い方を心がけるだけでも黒ずみを抑制することが出来るようです。

その他にも、石鹸は弱酸性の刺激の弱い石鹸を使用したり、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することで陰部の黒ずみを改善することができるようです。

 

詳しくはこちら

股の正しい洗い方と注意点とは?

上でも書いたように股の黒ずみと洗い方には密接な関係があるようなので、ここでは正しい股の洗い方と注意点を簡単に説明しておきたいと思います。まず初めに注意しておかなければいけないことは、タオルやスポンジなどでゴシゴシ洗わないという事です。

 

黒ずみの原因は摩擦や刺激が原因なので、タオルやスポンジでゴシゴシ洗ってしまうと、自ら黒ずみの原因を作ってしまうことになります。なので、スポンジやタオルではなく石鹸をフワフワに泡立てた泡を優しく陰部に押し当てるようにして洗います。

 

そして、最後はぬるま湯で優しく洗い流せば、陰部を清潔に保つことができ、黒ずみを良くするだけでなく健康な皮膚の状態に保つことが出来るようになります。

 

詳しくはこちら

 

 

 

陰部の黒ずみを専用のケア用品で改善する方法がある?

先ほどは、陰部の黒ずみの正しい洗い方と注意点について説明しましたが、これはあくまでも一般生活内でのケアに過ぎません。そこで、それ以外に陰部の黒ずみをケアする方法があるのかを実際に調べてみました。

 

陰部の皮膚は目のまぶたよりも皮膚が薄いので刺激に弱く敏感だと解説しましたが、その他にも水分を保つことが出来ず乾燥しやすい場所なのです。肌は乾燥すると、より摩擦や刺激に弱く細胞が傷つきやすい状態になってしまうため、陰部の保湿も重要だと言えます。

 

そこで、陰部の黒ずみを良くするアイテムとして人気なのがデリケートゾーン専用の保湿剤らしいのです。それらの保湿剤を使用するとメラニンの抑制をし、黒ずみの原因を抑えてくれるだけでなく、美白成分なども配合されているので陰部の黒ずみも良くなるらしいのです。

 

詳しくはこちら

 

石鹸や医薬品は良くないらしい

黒ずみをケアするアイテムというのは僕が思っていた以上にいろいろなものがあって少し驚きました。しかし、調べているうちにわかったのが石鹸や医薬品でケアするのは僕の彼女にはあまりおすすめできないという事です。

 

まず、石鹸については最終的にはシャワーで洗い流すことになるので、例え美白成分や黒ずみに効く成分が配合されていたとしても、成分が浸透する前に洗い流すことになるのでほとんど意味がないらしいのです。

 

次に医薬品についてですが、医薬品についても僕の彼女にはおすすめできません。と、言うのも医薬品と言えばなんだか効果がありそうに感じるのですが実際には効果がある反面、副作用の危険性もあるようです。実際に使った人の口コミでは、成分が強すぎて肌がヒリヒリし、下着とこすれることで更に痛みが悪化したという人もいました。

 

僕自身がそんなに股の黒ずみを気にするタイプではないので、副作用のリスクを背負ってまで改善してほしいとは思いません。となると、黒ずみケア商品の中では黒ずみケア用のジェルやクリームであれば僕の彼女にも勧めても良いかなと思いました。

詳しくはこちら

股・陰部におすすめの保湿剤ランキング

僕は男性なので実際に使ったことがないので信ぴょう性としてはかなり低いですが、股の黒ずみに悩んでいる自分の彼女に進めるならどれがいいかを実際に使用した人の口コミ評価や成分などを元に真剣に選んでみました。

イビサクリーム

人気脱毛サロンが開発した医薬部外品美白クリーム

イビサクリームは値段もお手頃な上に医薬部外品であるので効果も期待できます。又、デリケートゾーンのケアアイテムの中で唯一のクリームタイプということで保湿成分の浸透力も期待できる上、使用者の口コミ評価も高かったです。

価格 容量 評価
4,970円 35g

イビサクリームの公式サイトをチェックする

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

デリケートゾーンだけではなくお尻の黒ずみにも使える!

潤いを保たせるヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合しているケア商品。イビサクリームは股やまんこなどがメインなのに対してハーバルラビットナチュラルゲルクリームはお尻や胸や乳房などの黒ずみ対策としても使用できます。

価格 容量 評価
4,750円 35g

ハーバルラビット公式サイトをチェックする

ヴィエルホワイト

初回980円で購入出来るお得な美白化粧水

ヴィエルホワイトは美白クリームではなくて、美白化粧水なので肌への浸透力を考えると保湿力は美白クリームには劣ってしまいます。ただし、ヴィエルホワイトのメリットは初回980円と120日間の全額返金保証が魅力的です。

価格 容量 評価
4,770円 30ml

ヴィエルホワイト公式サイトをチェックする

黒ずみケアアイテムで黒ずみが改善するまでの目安の期間

黒ずみケアアイテムを使った場合、股の黒ずみが良くなるまでの期間はどれぐらいかかるのでしょうか?股の黒ずみケアクリームを実際に使った場合、クリームに配合されている美肌成分の作用と黒ずんだ肌の生まれ変わり(ターンオーバーと言うらしい)が作用して改善していくことになるようです。

 

つまり、実際に黒ずみクリームを使用してすぐに黒ずみんがなくなるわけではなく、使用している間に少しずつ黒ずみが薄くなっていくイメージに近いようです。

 

これは、実際にその人がどれくらい黒ずんでいるかの度合いよっても変わるようなのですが、最低でも3カ月から1年程度は覚悟しておいたほうがいいようです。そう考えると黒ずみケアクリームを使ったからと言って、陰部の黒ずみをパッと簡単に良くできるというわけではなさそうです。

 

詳しくはこちら

 

■股の黒ずみを悪化させない為に

股の黒ずみを悪化させない為に最も気を付けなければいけないことが股のムダ毛処理のようです。ムダ毛処理というのは一見そこまで肌に影響がないかのように見えるのですが、肌のダメージは相当大きく、黒ずみを悪化させる大きな要因になっているようです。

 

特に、女性の場合は男性に比べてムダ毛処理の頻度も多く、かみそりやシェーバー、除毛クリームなどを使用するケースが多く、肌への刺激は男性以上に大きいいともいえるようです。

 

そこで、ムダ毛処理によって黒ずみを悪化させないためにも正しくムダ毛を処理するか、クリニックや脱毛サロンなどの専門機関に処理してもらうことで肌へのダメージ・刺激を最小限に抑えて黒ずみの悪化を防ぐことが出来るようです。

 

詳しくはこちら

 

■僕と彼女のその後はと言うと・・・

彼女が過去の経験から自分のコンプレックス(デリケートゾーンの黒ずみ)を話してくれたので、僕は冒頭でも話した通り、僕は例え彼女のアソコガ黒ずんでいたとしても彼女に対する気持ちは変わりないということを真剣に伝えました。(おそらく、世の中の男性がほとんど僕と同じ意見だと思います。)

 

その気持ちが伝わったのか、彼女のコンプレックスをきっかけに二人の関係がより深いものになったような気がしています。

 

因みに、僕の彼女も自分なりに黒ずみに関していろいろと調べたみたいで、僕がランキングで紹介した商品の中のイビザクリームを使用しているということをかなり後になってから聞きました。

 

どうやら、イビザクリームを使用して黒ずみが改善してきたこともあって僕にコンプレックスを打ち明けようと思うきっかけになったみたいです。

 

このサイトを見ているあなたも自分の股や陰部の黒ずみを彼氏に見られて幻滅されるのではないか?と不安に思っている人も多いかもしれませんが、相手のコンプレックスさえも受け止めてくれる彼氏であることを信じてコンプレックスと向き合ってみてはいかがですか?

 

もしかしたら、僕の彼女と同じように黒ずみケアクリームを使用して、黒ずみが改善することで自分のコンプレックスとしっかり向き合うことが出来るきっかけになるかもしれませんね。

 

陰部の黒ずみ専用の人気美白クリームランキングはこちら

コメントは受け付けていません。